紅葉鯛

 

wpid-20150912_104320.jpg

 

鯛には1年に2回、旬があるといわれています。

春の桜鯛と秋の紅葉鯛です。

冬にむけて食欲旺盛になった鯛がしっかり脂をつけて大きくなります。

1年を通じて文楽では天然の鯛をお造りでお出しします。

その季節ごとに変化のある身は本当に美味しい魚です。塩で食す刺身もまた美味です。


冬隣

IMGP0990

秋も深まりもう冬が隣にきているようですね。歳のせいか、晩秋の風にふかれていると

懐かしい気持ちになります。

さて先日、季節を感じに足利の名草の山のほうへ向かいました。

どの季節にしても、自然は変わらない姿でいつでも受け入れてくれます。

野の花が優しく「見てください、今年も精一杯さきましたよ」と静かに語りかけてきます。

山の空気に元気をたくさん頂き気持ちの良い時間を過ごしました。

IMGP0910


ザクロの懐かしい味

ざくろの実

 

イクラやからすみに続いて「つぶつぶ」の食材が続きます。

木になっている柘榴(ざくろ)も割れてすっかり秋という感じです。

ザクロは、ほんのり懐かしい味がします。

この度はリンゴ酢につけて「ザクロ酢」をしこみます。

赤く綺麗で甘みのある酢なのでソーダで割ってドリンクでも美味しいですが

魚介のかけ酢でアレンジしてみようと考えています。

 


足利文楽自家製からすみの仕込み

おせち用にからすみを仕込みます。

 

おせち料理用に「からすみ」を仕込みます。塩漬けにし、屋上で天日干しにします。

市場でずっとお願いしておきましたが素晴らしいボラ子が入荷しました。

おせち用のぼら子が手に入ると「今年も何とか新からすみがおせちに入れられる」と安心します。

それでも完成するまで気は抜けません。なぜならば。。。

Continue reading


秋のサーモンが入荷しました。

タスマニアサーモン

文楽の西京漬けや焼き物に大活躍のサーモン。色々なサーモンがありますが(これはタスマニアサーモンかな)

入荷したての脂ののった身はどんな料理にしても程よい味になります。サーモンのお刺身が人気なのもうなずけます(文楽ではお刺身しませんが)

同じようなマス科の魚って鮭やサクラマス、それぞれ違うとことが面白いですね。

今調理場では、サーモンの低温での調理と熟成について、いろいろやっています。


秋の鱧を仕入れました。

秋の鱧が入りました

秋らしい大きめの鱧が入りました。大きいから味が悪いということはなく、しっかり「鱧の味」が楽しめます。くせ者は、大きく太めの骨です。しっかり骨切りすれば問題ないでしょう。関東ではあまり鱧を食べる習慣がありませんが、秋の鱧は美味だと思います。サクっとした衣の食感と白いふわっとした身を味わえる料理を考えています。


文楽のおせちご予約始まりました

足利文楽のおせち料理2015

 

足利文楽のおせち料理2016年度ご予約承ります。

皆様のお正月を思い浮かべながら、ひとつひとつのお重を一つの作品として文楽がしっかりと向き合い詰め込みます。

厳選素材を吟味して、料理し、丁寧に仕上げます。

ご予約はお電話 0284-41-8540 にて承ります。

詳しくはこちら

今日は足利文楽のおせち料理の定番「ひらめの龍皮巻き」

Continue reading


天然鯛のお造り

20131205_142907

海なし県の栃木生まれです。海の無い足利に住む私は新鮮な魚を手にすると「海の近くの人々はこんな素晴らしい食材が身近ににあるんだ」ということに羨ましくも感動しました。

文楽に入る鯛は「天然モノ」です。季節や泳いでいた海、また獲られてからの扱いで味が身質も味もかわってきます。

新鮮な旨さ、熟成した旨さ、どのように料理をするか考えています。

お料理はこちら

 


Top