飲食店の消費税は?10%?8%?

10月1日より消費税が増税されました。

飲食業界でも予想通り混乱がおきているようですが文楽では一部を除く商品において10%の消費税をいただいております。基本、税込み価格にて表示しています。

一部の商品といいますのは、主にお弁当、西京漬けなのどのお持ち帰り商品です。こちらは軽減税率もあり消費税8%にて提供いたします。

当店の例で軽減税率についてまとめます。

 

★10パーセントの消費税になるものはサービスが伴う食事の提供です。

・ケータリングなどの出張料理

・器での松花堂弁当の提供

盛り付けや配膳や吸い物を温めたりサービスをすると10%になります。また高価な器に入ったお弁当なども10%とみなされるようです。

 

★8パーセントの消費税になるものは「飲食料品の譲渡」

 

・折箱に入った受け渡しのみのお弁当

・ポットに入った吸い物などをそのままお渡しする場合は配膳とみなされず8パーセントの軽減税率に対象になります。

また老人ホームでの食事の提供は軽減税率対象です。

 

まとめ~文楽の場合
店内での飲食・・・10%
ケータリング・出張料理(松花堂弁当等)・・・10%
お弁当・・8%
西京漬け・しぐれ煮など・・・8%

 

お弁当はこちらお弁当

会議のお弁当は会議費になるの?というお話

最近では足利市でも会社の社内の方だけで、ランチを食べながら打ち合わせや会議を行う会社も増えているようです。

ランチの食事は会議費になるの?というお話です。

税金の法律に明確な規定はないのですが、一食3000円以下の昼食、お弁当でしたら会議費としても問題になることはあまりないようです。(もちろん会社の規定によります)普通のお弁当屋さんでは、なかなか3000円のお弁当はないとおもいますので、仕出し系の飲食店になると思います。

昼食を食べた社員の名前、人数、会議の内容などを領収書にメモしおくと良いかもしれません。

しかし、昼食は各自、自己負担でするという認識を持っ会社もあると思いますので

その点はやはり確認は必要ではないでしょうか。

とはいいましても、

やはり一緒に食事をするという時間は、思いがけないアイデアや話がでてくることはもちろん、人間関係を豊かに潤滑にする時間という一面はあると思います。

私自身、まかないを店でたべているときにスタッフとの間に和やかな時間が流れるのでとても大切な時間です。一緒にコーヒーを飲みながら、家族のことや世間の話題を話すだけでも親近感が全然ちがってきますね!

文楽の西京焼き弁当はコチラ

本日もお弁当を足利市内へ配達に

 

西京焼き弁当 サーモン

神戸牛をつかったしぐれ煮弁当

神戸牛を使った足利弁当。ロケ弁に人気です。

神戸牛を使ったお弁当。配達もいたします。

 

毎日のお弁当つくりですが、その日その日のお客さまが違うように同じお弁当でも顔が違います。ひとつひとつ手作りで詰め込んでいきます。創業70年。ながく伝えられた約束です。

しぐれ煮はお店でお客様におだしするのと同じように少しずつ調理していきます。大量生産はなかなかできませんがお店での美味しさをお弁当につめこみました。

お弁当はこちら